ビートレーディング

ビートレーディングの手数料は?個人事業主は安さで選ぶと失敗する?

ビートレーディングの手数料

個人事業主がファクタリングで資金調達する場合、何よりも気になるのが「手数料」ではないでしょうか?

だって少額ファクタリングだから、手数料が高くなっちゃうんだもの。

しかし個人事業主の場合、必ずしも手数料の安さで選ぶのが良いとは限りません。

ビートレーディングの手数料は安いのか?

個人事業主にビートレーディングはオススメと言えるのか?

ビートレーディングの手数料や調達金額について、知っておきたい事をまとめました。

ビートレーディングの手数料はいくら?高い?安い?

ビートレーディングは「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の両方に対応しており、それぞれ手数料が異なります。

ファクタリングの手数料は、売掛先の信用リスクなどを審査した上で案件ごとに定められるため、審査を通して見積もりを出すまで具体的な数字は分かりません。

>>審査通過のポイントについてまとめた記事はこちら

関連記事
ビートレーディングの審査
ビートレーディングの審査落ちのパターンとは?個人事業主でも通るコツ

ビートレーディングといえば定番のファクタリングサービスですが、審査に通るか心配ですよね。 個人事業主でも、審査に通るのでしょうか? ビートレーディングは審査通過率が高く、売掛金・請求書・通帳の3点があ ...

続きを見る

それぞれの手数料の目安は以下の通りです。

2社間ファクタリング 5%~
(平均10~20%)
3社間ファクタリング 2%~
(平均2~9%)

ビートレーディングでは、手数料の下限は設定されていますが、上限は設定されていません。

「可能な限り買い取る」というスタンスのため、あえて上限を設定せず、リスクが高めの案件も手数料を高めに設定して買い取るなどしているのかもしれません。

ビートレーディングの公式サイトでは、いくつか事例が紹介されています。

例えば2社間ファクタリングの場合、中小企業相手の売掛債権で180万を調達した事例では、手数料はすべて込みで14%です。

少額・2社間ファクタリングでは、手数料は15%~20%くらいを見ておくと良さそうです。

ビートレーディングの手数料はおおむね相場通り

手数料が安いのか高いのか、気になる方は多いと思いますが、ビートレーディグの手数料は平均するとおおむね相場通りといえます。

ビートレーディング 相場
2社間
ファクタリング
平均10~20% 10~20%程度
3社間
ファクタリング
平均2~9% 1~9%程度

高いわけではないけれど、とくべつ安くもない。

見積もりの妥当性を検討するために、相見積もりの候補として入れるのは良さそうです。

手数料の安さにこだわりたい場合は、他社を検討したくなるかも?

ただし後ほど解説する通り、ビートレーディングは交渉しだいで手数料が安くなる可能性もあります。

100万円以下の小額・2社間ファクタリングなら手数料以外の条件で選ぶのも手

事業規模の小さな個人事業主の場合、売掛金も小口の場合が多いのではないでしょうか。

2社間ファクタリングで小額利用なら、手数料以外の条件で選んだほうが良い場合もあります。

100万円以下の小額・2社間ファクタリングはあまり手数料が変わらない

100万円以下の小額・2社間ファクタリングの場合、手数料はどこのファクタリング会社でも大して変わらない場合が多いです。

一方、ファクタリング会社ごとに、はっきり違いの出る項目もあります。

  • 掛け目(買取対象となる金額)
  • 買取金額の制限
  • 審査や入金のスピード
  • 審査基準や審査通過率
  • 必要書類の多い・少ない
  • 非対面契約の可否

少しでも多く資金調達したいなら掛け目の大きい会社を選ぶべきですし、資金調達を急いでいるなら審査や入金スピードが早い会社。

審査が心配なら、審査通過率の高い会社を選んだ方がいいでしょう。

手数料が安くても、調達金額が多いとは限らない

同じ売掛金でも、ファクタリング会社によって調達可能金額は変わります。

手数料以外に、調達金額に大きく影響するのが「掛け目(売掛金のうち、買取対象となる割合)」です。

掛け目から手数料を引いたものが調達金額となるため、たとえ手数料が安くても掛け目が小さいと調達金額は少なくなってしまいます。

【売掛金100万円、掛け目80%、手数料20%の場合】

買取対象80万円 ー 手数料16万円=64万円調達!
(手数料は高いが、調達金額も多い)

【売掛金100万円、掛け目70%、手数料15%の場合】

買取対象70万円 ー 手数料10万5千円=59万5千円調達!
(手数料は安いが、調達金額が少ない)

掛け目は公式サイトでほとんど公開されておらず、手数料と同様にファクタリング会社が案件ごとに設定するため、見積もりを取るまで分かりません。

手数料以外のビートレーディングの魅力

手数料以外にも、ビートレーディングには多くのメリットがあります。

  • 買取金額に制限なし
  • 審査通過率98%
  • 最短30分のスピード審査で無料見積もり
  • 300万円以下は最短・即日入金可能
  • 非対面・オンライン契約可能
  • 個人事業主の買取実績も多数

買取金額に制限の無い会社は珍しいですし、他社で審査落ちしたなど審査の不安な方にもオススメな会社です。

300万円以下の小口利用なら最短で即日着金も可能ですし、非対面でのオンライン契約も可能となっています。

中小企業や小規模事業主には、嬉しい条件が揃っているのではないでしょうか。

ビートレーディングの手数料を安くするには?

ビートレーディングの手数料を安くする方法もいくつかあるので、ご紹介します。

相見積もりを取って交渉すると安くなる可能性あり

ビートレーディングより手数料の安い他社の見積もりを持ち込んだ場合、交渉次第で手数料が安くなる可能性があります。

2~3社に相見積もりを取って、他社で安い手数料が提示された場合は交渉してみるのもいいでしょう。

リピート割引の可能性あり

初回の利用より、2回目以降の利用の方がリスクは低いと判断できます。

ビートレーディングでは、2回目以降は初回より手数料が安くなる可能性もあります。

複数の売掛金を合算して申し込む

ファクタリングの手数料は契約方法のほか、「売掛先の与信」や「売掛債権の金額」などをもとに設定されます。

少額の売掛金しかない場合は、複数の売掛金を合算して申込むのも手です。

高額で申し込めば、手数料が安くなる可能性もあります。

3社間ファクタリングで申し込む

2社間ファクタリングより、3社間ファクタリングの方が手数料は安いです。

売掛先にファクタリングの利用を通知・承認してもらう必要はありますが、掛け目も高めに設定されるため、少ない手数料で多くの資金を調達する事ができます。

ビートレーディングの手数料の内訳って?

ビートレーディングの手数料は、おおまかに以下のような内訳となっています。

  • 買取手数料(ファクタリング会社の利益)
  • 未回収リスクに備える費用
  • 振込手数料
  • 事務手数料(印紙代、登記費用、司法書士報酬など)
  • 出張交通費

ただし、契約方法や申込者の属性など、案件ごとに内訳は変わります。

ビートレーディングは手数料以外の条件が魅力的

ビートレーディングの手数料は、おおむね相場通りとなっています。

高くはありませんが、手数料の安さにこだわる場合は物足りないかもしれません。

しかし、ビートレーディングは手数料以外のメリットがかなり多いです!

  • 個人事業主の買取実績が多数
  • 個人事業主の2社間ファクタリングも可能
  • 買取金額に制限なし
  • 審査通過率98%
  • 最短30分のスピード審査で無料見積もり
  • 300万円以下は最短・即日入金可能
  • 非対面・オンライン契約可能

個人事業主で少額・2社間ファクタリングの場合は、手数料以外の恩恵が大きくオススメです。

ビートレーディングでは、見積もりは無料!

実際にファクタリングを利用するかどうかは、具体的な調達可能金額や手数料を確認してから決めればOKです。

まずは公式サイトの「スピード見積もり」から気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか?

関連記事
ビートレーディング個人事業主
個人事業主のファクタリングにビートレーディングがオススメな理由&審査に通過するコツ

個人事業主でも利用できるファクタリング会社を探しているなら、ビートレーディングはオススメです! ファクタリング会社の中では「老舗」「定番」といったポジションで安心感があり、中小企業をメインに個人事業主 ...

続きを見る

-ビートレーディング