ビートレーディング

ビートレーディングの審査落ちのパターンとは?個人事業主でも通るコツ

ビートレーディングの審査

ビートレーディングといえば定番のファクタリングサービスですが、審査に通るか心配ですよね。

個人事業主でも、審査に通るのでしょうか?

ビートレーディングは審査通過率が高く、売掛金・請求書・通帳の3点があれば個人事業主でも審査を通過できる可能性があります!

審査落ちするパターンと、個人事業主が審査に通るためのコツをまとめました。

ビートレーディングは審査通過率98%!他社で審査落ちした人にもオススメ

公式サイトによると、ビートレーディングの審査通過率は98%となっています。

「審査通過率9割以上」というファクタリングサービスはいくつもありますが、98%という高い数字は他社ではなかなか見ないですよね。

ビートレーディングはファクタリング会社の中でも「老舗」「定番」の会社です。

顧客の需要に応えてサービスを充実させてきた結果、買取金額や手数料に上限を設けず、「可能な限り買い取る」というスタンスを取っています。

  • 買取金額に制限なし
  • 個人事業主OK
  • 赤字経営OK
  • 税金滞納OK
  • 債務整理中、リスケ中でもOK
  • 注文書でも買取可能

上記のとおり、とにかく買取対象の幅が広いのがビートレーディングの特徴です。

とくに買取金額に制限が無いファクタリング会社というのは珍しく、下は10万円~上は7億円まで買取実績があります。

また、請求書だけでなく注文書買取りにも業界でいち早く対応。

「審査に通るか不安」
「他社の審査に落ちた」

といった方には、とくにオススメなファクタリング会社といえます。

ビートレーディングで審査落ちするパターン

審査通過率98%という事は、ほとんどの申込者が審査に通過できるという事ですよね。

それでも審査に落ちてしまう2%というのはどんな場合か?というと、以下のパターンです。

  • 買取対象外の売掛債権で申し込んだ
  • 成因証明書の原本がない
  • 通帳などで取引経歴が確認できない
  • 申込者や売掛先の事業実態が不明
  • 売掛先の倒産リスクが高い
  • 売掛先との取引期間が短い
  • 売掛サイトが長すぎる

当たり前の事ばかりなのですが、個人事業主だとついうっかり引っかかってしまう事もあるかもしれないので、気をつけたい所です。

買取対象外の売掛債権で申し込んだ

ビートレーディングでは、そもそも買取対象外となっている売掛債権がいくつか存在します。

【買取対象外の売掛債権】

  • 回収の遅れている不良債権
  • 現物のない将来債権
  • 個人または個人事業主が相手の売掛債権
  • 架空の売掛債権

買取対象外の売掛債権で申し込んだ場合は、当然ながら審査は通りません。

上記はビートレーディングに限らず、ほとんどのファクタリング会社で買取不可なので、ファクタリング事態を諦めた方がいいかもしれません。

成因証明書の原本がない場合はNG

売掛金の発生を証明できなければ、ビートレーディングのファクタリングサービスを利用する事はできません。

請求書など、本当に売掛金が発生していることを確認できる書類(成因証明書)の原本を用意する必要があります。

ビートレーディングは柔軟な対応に定評があり、成因証明書は請求書のほか、契約書や注文書などでもファクタリングを実行できる場合があります。

しかし、個人事業主で取引の際に書面を交わしていない場合や、請求書のコピーしか用意できない場合は審査に落ちてしまいます。

通帳などで取引経歴が確認できない場合はNG

通帳やネットバンクの明細などで、過去、売掛先からの支払いが問題なく行われていることを示す必要があります。

現金主義の個人事業主など、銀行の取引経歴を示せない場合は審査に落ちてしまいます。

申込者や売掛先の事業実態が不明な場合はNG

事業や会社の実態がつかめない場合も、架空の売掛債権の疑いなどで審査落ちの可能性が高いです。

とくに個人事業主の場合、法人のように企業情報が公開されておらず、業種によっては事業の実態が分かりにくい場合もあります。

きちんと事業を営んでおり、売掛金が問題なく回収できる事を証明する必要があります。

売掛先の倒産リスクが高い場合は審査落ちの可能性あり

ビートレーディングはノンリコース契約となっており、売掛先が倒産した場合はファクタリング会社の損失となります。

売掛先の信用リスクは重点的に審査されます。

「大幅赤字が続いている」「すでに不渡りを出している」「支払遅延が続いている」など、売掛先企業の倒産リスク、売掛金の未回収リスクが高いと判断された場合は審査に落ちる可能性があります。

売掛先との取引期間が短い場合は審査落ちの可能性あり

個人事業主の場合、売掛先との関係性や取引の継続性もしっかり審査されます。

単発の仕事や取引をはじめたばかりなど、売掛先との取引期間が短い場合は、審査落ちの可能性があります。

支払いが遅れがちな取引先も、避けた方がいいでしょう。

売掛サイトが長すぎる場合は審査落ちの可能性あり

売掛サイトは短いほど、審査では有利になります。

清算期日まで180日以上といった、売掛サイトの長すぎる売掛債権は審査に通らない場合があります。

個人事業主がビートレーディングの審査に通過する4つのコツ

審査落ちのパターンを踏まえて、個人事業主がビートレーディングの審査に通過する4つのコツは以下のとおりです。

  • 売掛金の発生を証明する
  • 担当者の信頼を獲得する
  • 継続して取引のある企業の売掛債権で申し込む
  • 経営状態のいい企業の売掛債権で申し込む

審査通過のポイントは、ファクタリング会社に「売掛金が回収可能である」と判断してもらえる事。

加えて個人事業主は、事業をきちんと営んでいる事や人柄の誠実さなども伝えていく必要があります。

売掛金の発生を証明する

まずは売掛金が架空のものではなく、実際に存在する事を証明しましょう。

  • 請求書など成因証明書
  • 通帳やネットバンクの明細
  • 契約書・発注書・取引先とのメールなど、取引を確認できる資料

上記のような、売掛金の発生を確認できる資料を準備しましょう。

担当者の信頼を獲得する

個人事業主は、法人に比べて事業規模が小さく、社会的信用も低いです。

  • 確定申告書を提出する
  • 青色申告決算書を提出する
  • 事業用ホームページを開示する
  • 資金調達が必要になった経緯や資金使途を丁寧に説明する
  • ヒアリングや面談で丁寧に対応する
  • メールを丁寧に書く
  • 税金や社会保険を滞納していない

上記のように、個人でも取引先と真摯に関係を築き、きちんと事業を営んでいる事が伝わるよう心がけましょう。

継続して取引のある企業の売掛債権で申し込む

個人事業主であっても、取引に継続性が認められる場合は審査に通りやすいようです。

取引先と基本契約を結んでいる場合などは、契約書を提出すると有利になる場合があります。

不定期であっても、長く取引を続けている取引先の売掛債権を優先してファクタリングする事をオススメします。

経営状態のいい企業の売掛債権で申し込む

売掛先の信用が高いほど、審査では有利になります。

信用力の高い売掛先といえば、公的機関や上場企業、金融機関と取引のある企業などが代表格でしょうか。

とはいえ個人事業主は、中小企業・小規模事業者との取引も多いのではないでしょうか?

有名企業でなくても、経営状態がよく、信用リスクに問題がないと判断されれば審査に通る可能性があります。

経営状態の良さそうな企業の売掛金を優先してファクタリングするようにしましょう。

最短30分~無料で見積もり提示!申込みは公式サイトから

ビートレーディングは審査通過率が98%と高い、「可能な限り買い取る」スタンスのファクタリング会社です。

個人事業主でも、売掛金・請求書・通帳の3点があれば審査に通過できる可能性があります。

審査が不安な方や他社で審査に落ちてしまった方にはとくにオススメです。

ビートレーディングでは、見積もりは無料!

通帳と請求書があれば、最短30分~のスピード審査で見積もりが提示されます。

  • 個人事業主の買取実績が豊富
  • 審査通過率98%
  • 利用金額に制限なし
  • 最短・即日入金も可能
  • 個人事業主の2社間ファクタリング可能
  • 赤字決算・税金滞納でもOK
  • 安心のノンリコース契約

実際にファクタリングを利用するかどうかは見積もりを確認してから決めればOKです。

まずは公式サイトの「スピード見積もり」から気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか?

関連記事
ビートレーディング個人事業主
個人事業主のファクタリングにビートレーディングがオススメな理由&審査に通過するコツ

個人事業主でも利用できるファクタリング会社を探しているなら、ビートレーディングはオススメです! ファクタリング会社の中では「老舗」「定番」といったポジションで安心感があり、中小企業をメインに個人事業主 ...

続きを見る

-ビートレーディング